福岡の美容外科でどんな治療が受けられるのか調べてみよう

  1. ホーム
  2. 美容外科の二重手術

美容外科の二重手術

相談

ぱっちりとした目に憧れを持つ方も多いです。またもう少し目が大きければいいのに、と考える方もいます。これは二重まぶたの方も同様に考えているようですが、一重まぶたの方の方が顕著に表れています。一重まぶたは眠たそう、やる気がない、目つきが悪いなどの印象を持たれがちで本人の意志に関係なく、そのようなイメージを持たれるのです。福岡の美容外科にはこのような悩みを抱える方々が多く相談にきます。無料カウンセリングを行なう美容外科も多いので、それを利用して自分の悩みを打ち明けている方が多いとされています。また無料カウンセリングでは悩み相談以外にも、二重になるための施術方法や二重手術に掛かる費用についての相談も可能です。

福岡の美容外科が行なっている二重手術にはいくつかの方法があります。ぱっちりとした二重になりたい場合には全切開と呼ばれる施術があり評判が高いです。全切開はメスでまぶたの皮膚を切り取り、余分な脂肪を除去することで綺麗な二重ラインを作り出すことの出来る施術になります。施術には麻酔を使用するので痛みもなく施術を受けることが出来ます。また、一度行なえば一重に戻ることがない治療とされているため一重に悩む多くの方がこの全切開の施術を受けています。全切開の特徴として施術後の抜糸や腫れがありますが、数週間安静にしておけば腫れも引いていきますので気になるほどではないでしょう。

福岡の美容外科が行なう全切開以外の二重の施術では、埋没法と呼ばれる施術があります。この埋没法はメスを使わずに二重にすることができる治療になり、費用と施術時間が手頃というのが特徴になっています。埋没法ではまぶたに髪の毛よりも細い特殊な医療用の糸を通し、二重ラインを作って結ぶ方法になっています。メスを使って皮膚を切り取る必要がないので自然な二重を作り出すことが可能になるのです。しかし埋没法では糸の結びが解けたり、ラインがずれてしまったりするという事もあるので、まぶたに強い刺激を与えることが出来なくなります。一重まぶたから二重になる方法として埋没法と全切開の施術を紹介しましたが、単純に目を大きくする方法に目頭切開という施術があります。目頭を目尻を少し切開し、目を全体的に大きくするという方法になっています。元々二重だけど目が小さいのがコンプレックスと感じている方々に多く利用されている施術になります。福岡の美容外科にはこのような二重手術があるので、ドクターと相談をしてどの治療がいいのか決めるのもいいでしょう。